学校教育

「津波防災の日」に小・中学校に「救給カレー」を提供しました。

 「津波防災の日」にあわせて,11月5日の学校給食は,市内全域の小・中学校に「救給カレー」を提供しました。
 2011(平成23)年3月11日に発生した東日本大震災の教訓から,ライフラインが止まった場合でも安全・安心な学校給食が提供できるようにアレルゲンを除いた食材となっています。江田島市でも,2018(平成30)年7月6日に発生した豪雨で,断水が続く中,初期段階で備蓄していた「救給カレー」を活用することで,学校の給食が継続して提供できました。
 学校給食共同調理場では,日ごろ忘れがちな災害を「津波防災の日」の給食で「救給カレー」を提供することで,改めての防災意識の啓発を目的としています。
photo_02.jpg